カテゴリー: 未分類

食べ過ぎているわけではないのに太りやすい

身長は152cmと低めなのに、体重は52kgと、全体的に肉がついているアラサーです。土偶のような体系をしています。

小学校高学年のころは特に太っていて、140cm台で55kgくらいあり、運動をするだけで足腰を痛めていたのを忘れられません。

確かに食べることは好きでしたがドカ食い大食いというほどでもなく、夜ごはんに少し多めに食べるくらいでした。

朝食は普通量、昼食は給食のみ、ですので、太っていた原因は夜ご飯のせいだと今なら

分かりますし、小学校時代の自分に「太りやすいんだから夜こそ抑えときなよ!」と

伝えたいです。夜ご飯の内容で何が悪かったかというと、糖質の取りすぎが絶対の原因です。

中学校の頃も順調に太っていき、60kg台に突入。いよいよ体系を気にしだして、

ダイエットに手を出し5kgくらい落としましたが、続かずリバウンド、痩せたり太ったりを

繰り返します。ちなみに食事の量をただただ減らす、風呂で汗をかく、運動しまくる。というストイックダイエットでした。

その時の自分はなぜ太っているのかの根本的原因を把握していなかったので、

むやみやたらに痩せようとして、結局つらくて、うまく引き締まらなかったのだと思います。

中学時代の肥満の原因も糖質の取りすぎ。

ここで糖質の取りすぎってどんな内容の食事だったかを紹介します。

糖質多い系のおかず(グラタンやシチューなど)+白米1.5人前+ジュースなど砂糖の入った飲み物

ただでさえ太りやすい私が、このトリプルコンボを夜に食べたらそりゃムクムクと大きくなりますよね・・・。

さてダイエットだ!と、上記のトリプルコンボをそれぞれ半量にしたとしたとしても、糖質はまあまあとっていることになるし

効果が薄い。中学校の自分!あなたは糖質太りだよ!と教えたいです。切実に。

そして高校時代も同じように肥満で過ごし、

社会人時代に低糖質ダイエットに着手し、成功。

70kg→49kgまで落ちました。

ああ、糖質太りだったのか。食生活の改善って大事だなとしみじみ思いました。

そこから50kgを行ったり来たりしながら、

過ごしています。もう太りすぎレベルには戻りたくない。

前振りが長くなってしまいましたが、実際間食もあまりしなかったので、自分は糖質に弱く太りやすいのだろうな、

と思います。実際同じ量を食べている子でも細い子は沢山いますよね。

本当はもっと大食い出来るけど、そしたらぐんぐん太ってしまうから、抑えています。

糖質オフ食生活とはいえ、制限はゆるくしているので、今もいい感じに肉はついているわけですが・・・。

アラサーになり、余計に太りやすくなっているのを体感する日々。

自分は糖質取りすぎるとすぐに太るってことが大人になって分かり、

引き締めたいと本気で思った時は、低糖質の食事をストイックにしています。

すぐ太ることがコンプレックスですが、健康に気を付けながら、コンプレックスと向き合って、

元気に過ごそうと思います。